Vissi d'arte! 

ヴォーカルディレクターMajuのふわっと小咄エトセトラ

記事一覧

そもそも、なぜ音痴になるのか?② 〜思春期にますます音痴が加速する?〜

こんにちは。

  ここ最近はやたらと音痴について書いております。ヴォーカルディレクターのMajuです。
  幼児期の音痴は、発達の段階によるごく普通の状態であると、前回記事では書きました。
    前回の記事はこちら→

  発達の段階によって音程がうまく取れず、まわりの友達と比べても自分は音痴だなと思ってしまったり、親によって音痴だと思い込まされてしまった子供は、だんだんと歌うことを避けるようになります。子供によっては、声そのものを出すことを遠慮して無口になってしまう子供もいます。

  日常的に積極的に声を出すことが少なくなると、音程を取るためには十分に発達をしたはずの筋肉群や器官が、どんどん柔軟性を失っていきます。

  思春期には周囲の様々なことが気になりはじめ、家族に対しては反抗期でますます無口になったりします。
  思春期は身体的な二次性徴などとともに、豊かな表現を伴う声の発達(変声期など)もあるはずなのですが、そういった状況によって声の柔軟性はどんどん失われてしまうのです。
  例外はもちろんありますが、音痴な人は無口な思春期を過ごしてきている場合が多いです。

  発達段階においては音程が取れなくても気にせず天真爛漫に歌い、友達や家族と積極的に話したり笑い転げたりするような環境であれば、声の柔軟性は損なわれることなく次の成長段階へと進んでいけるはずです。

  あなたの思春期を振り返ってみて、、自分の声にとってはどんな環境だったと思いますか?

それでは、また!


ランキングに参加しています。ぜひ応援よろしくお願いします!!

Twitter、Facebookにてブログの更新をお知らせしています。


プライベートヴォーカルディレクション 

初回無料カウンセリング 45分
1回毎の予約・都度払い制

入会金 ¥3,000
プライベートディレクション¥4,000/60分
ジュニアディレクション¥2,500/45分
横浜市鶴見区鶴見中央2丁目
(鶴見ポンプ場近く)
※自宅スタジオのため詳細な住所はお問い合わせの際にお知らせ致します。
スタジオ所在地 各線鶴見駅から徒歩8分

ディレクタープロフィール

初回無料カウンセリングお申し込みがLINE@からできます。ただいまキャンペーン中!

HEARTBEAT STUDIO

Voice & Vocal Direction 鶴見駅徒歩8分 プライベートヴォーカルディレクション、アンサンブルパフォーマンスディレクション、イベント企画 etc..