あなたの中で眠っているアーティストな一面を目覚めさせ
音楽と共に生きる楽しみを見つけ出す
それが、ヴォーカルディレクション

−Voice & Vocal direction−

HEARTBEAT STUDIO

ヴォーカルディレクションとは

 もともとは、アーティスト性を際立たせる方向性を指示するという意味合いで、レコーディングの業界ではよく使われていた言葉です。

 HEARTBEAT STUDIOは、以前はアマチュアバンド向け自主制作のレコーディングを請け負うレーベルとして活動していました。DTM(デスクトップミュージック)がまだそれほどアマチュアに普及していないころの話です。

 時代は変わり、今やスマートフォン一台で誰でも気軽に音楽制作ができるようになりました。動画やライブ配信で、いつでも自分の演奏を世に発表することができる、すごい時代です。

 そこに立ちはだかるのが、生演奏の技術や表現力の問題です。
   とりわけ、ヴォーカルはその技術や表現力を厳しく評価されやすい楽器です。

ほかの楽器と対等にセッションできてこそ
「ヴォーカリスト」

 ピアニストはどの鍵盤を弾くとどんな音が出るのかを知っています。

 ギタリストはどの弦を弾くとどんな音が出るのかを知っています。

 もしギタリストが「よくわからないけどジャーンって弾いたらなんとかなるよ」などと言っていたら演奏になりません。
 でも、ヴォーカリストは?
 「よくわからないけど、とりあえず歌詞と音程が合ってればなんとかなるでしょ」と思っている人は大勢いるのではないでしょうか?そして「だからヴォーカルなんて誰にでもできるじゃん!」とも。

 あなたはそれで本当に満足ですか?

 より響く声あるいはより高い音を出すには、さらに人の心に届く表現をするには、体のどの部分がどのように使われているのか?声という楽器の仕組みと使い方を理解し使いこなせるようになってこそ、他の楽器と対等にセッションできる「ヴォーカリスト」であると言えます。

もっと自由に、声を使いこなす

 自由に使いこなせる楽器には、ジャンルの壁はありません。たった一台のピアノによってクラシック、ジャズ、ポップスなどの様々な音楽が奏でられるのと同じように、あなたの声には、あらゆるジャンルの音楽を表現できる可能性があるのです。

 歌を習おうとしている人の理由は様々です。
 でも、どんな理由があるにせよ基本となるのは、「自分の声を使いこなして、思い通りに歌いたい」ということでしょう。
 HEATBEAT STUDIOでは、この「声を使いこなして自分だけの表現を見つける」ためのディレクションをしています。
   そしてその先には、ただ歌うだけではない新しい音楽との出会いがあるはずなのです。

バンドヴォーカルやヴォーカルアンサンブルのライブパフォーマンスに自信が持てる!確実な技術と表現力を身につけるためのプライベートヴォーカルディレクション。

 ディレクションの特徴

◆ひとりひとりの声や歌についての悩み、課題、目標をきちんと把握するために、初回無料のカウンセリングを実施しています。

◆ライブやレコーディングを意識したマイクワークトレーニングヴォーカル向けバンドクリニックなども行っています。

◆時間や曜日が変則的になりがちな社会人の方にも無理なく通って頂けるよう、

1回毎の予約・都度支払い制

としています。

 → ディレクタープロフィール


入会金

¥3,000

プライベートディレクション

¥4,000/60分

ジュニアプライベートディレクション

¥2,500/45分

(小学3年生~中学3年生)


 初回無料のカウンセリングや通常予約は、LINE@からのご登録が便利です。ただいまキャンペーン中!

メールでのカウンセリングお申し込み

メールフォームからお申し込み下さい。

折り返し、カウンセリングシートを送信いたします。
そちらに可能な限りご記入・ご返信下さい。

ご相談の上、日時を決定いたします。


スタジオ所在地 各路線鶴見駅から徒歩8分


横浜市鶴見区鶴見中央2丁目
(鶴見ポンプ場近く) 
※自宅スタジオのため詳細な住所はお問い合わせの際にお知らせ致します。

※受講生多数などの状況によっては、御希望にそえず御予約をお断りする場合もございますので御了承下さい。なるべくお早めにお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。


ブログ書いてます。気になる人はぜひチェック!

『Vissi d'arte‼︎ ヴォーカルディレクターMajuのふわっと小咄エトセトラ』

最新記事はこちら↓

TwitterFacebookでもブログ更新をお知らせしています。いいねフォローよろしくお願いします!